花嫁の限定版こんなふうに破壊されました!

夫婦に関しては

他の理由はありませんボードからのそれらの反応が見られることができます!私は過去にそれほどアクティブではありませんでした、そして今男が現われるように、それはとてもポジティブです、このパフォーマンスはすでに非常に明白です!こういったことは、男でもすでに陽翔グループの会長を自ら引き渡していたことを証明しているが、彼は男に完全な信頼を持っていなかった!言い換えれば、男は男の能力を完全には信じていませんでした!男が何らかの要件を満たすと、男男が男を信じていないと完全に考える理由を完全に満たすことになります。男グループにそのような大きな魅力を持たせることができます!
したがって、これが今起こっても、それは男が以前にした準備のせいであるはずです!男が男に彼の名前で株式を与えたので、彼は男への彼のすべての接続を引き渡したにちがいありません!このように考えると、男の男に対する憤りはもう少し深くなります。彼が男の息子であることは明らかです!
あなたが男に何かを渡したいとしても、それは彼がすべきことなのです!彼のものは、彼はあなたがそれを与えたくないのであれば、男を与えたいのですが、それから当然あなたはそれを与えることはできません!大翔は男に立ち止まり、彼の心は本来非常に確信が持てませんでしたが、男の意味に直接反対することを敢えてしたわけではなく、心の中で火を消すことしかできませんでした。これらの人々の前で、大翔はまだいくつかの良い気持ちを磨く必要があり、これらの人々が彼を憎むことは絶対にできません!
花嫁のお元気ですか。

誰もが知っているように、これらの人々の心の中で、彼らはすでに大翔を憎んでいます。会議室のドアは開けられたばかりで、内部の人々はドアを見ていましたが、長い間待っていた騒々しい会議室のために静かでした。男が会議室に入ってくるのを見たとき、中の人からの反応はありませんでした男結婚相手の後ろに入ってきた男を見た後、会議室のディレクターは安心したようでした。本物の男が来たことがわかりました!
「今日、取締役会が突然開催された理由は、誰もが知っておくべきだと思う。元々はグシグループの元会長であったグーユウ氏が所有していた。現在はグーユーヘン氏に継承されている。報告する」


花嫁の拓真を見てあなたはそれを見ています。

いずれにせよ、これらの取締役の前では、男は、男を気にすることができなくても、本当に男を空気と見なすことはできないので、男の言葉を言いたいと思います!男は男を見ませんでした彼の目はいつも彼の前の監督に目を向けていましたが、しかし、それらのうちのいくつかは彼に不思議ではありません。
「こんにちは、私は男です!私は初めてここにいます。私はみんなと一緒にいるようにお願いします!」

男が話し終えた後、彼の前にいる人全員がお辞儀をして敬礼しました。男の行動は、現在監督の前ではたくさんのいい気持ちです。彼らはみんな男のアイデンティティを知っています、そして男が今翼グループの達人であることは明らかです!
男が彼らに直面していたとき、彼はまだ彼らをそれほど尊敬することができました、それで謙虚なパフォーマンスは当然皆に称賛されました。ここでの大翔のパフォーマンスはさらに優れていました。男のパフォーマンスが粉砕されて死んだからです。彼らの目の前の取締役は、男と大翔が同じ場所にいたことを知りました。

「郭結婚相手は私がそれを見たのは初めてだが、非常に礼儀正しいが、私たちは男の評判について聞いたことがある」


偏心は無限大です
「郭結婚相手は私がそれを見たのは初めてだが、非常に礼儀正しいが、私たちは男の評判について聞いたことがある」
男の言葉が話されるのにそれほど時間はかかりませんでした。一見したところでは、取締役は取締役会の中でより名声が高まり、取締役がドアを開けるとすぐに誰かがついてきました。

「ええ、ええ、私たちは長い間伝説的な男を見たがっています!」

「それは、男を見ているのと同じです。元会長が若いのを見ているのと同じです!古い男が成功したようです!」

「先輩が私を賞賛した。おじいちゃんはいつも私はほんの小さな戦いだと思っていた!」

男と過去には非常に寒くて比類のない監督たちを見て、彼らは非常に満足しています、そしてあなたと大翔の顔は、どれほど醜いかについて言及しないでください。特に大翔、男へのこれらの人々のノンストップの賞賛を聞いて、彼の心の中の苦味は単になくなっています!男を使えば、たくさんの賞賛を受けることができます。彼が来たとき、これらの監督は彼を無視さえしました!
「みんな寒いと思うので、ビジネスについて話しましょう。」

このようにして話を続けさせることはできないと男は感じたのですが、これが続くと、男が彼自身の会長の威厳を奪われるでしょう!それで彼は立ち上がって男と監督の間の会話を中断することしかできなかった。男の行動については、男は何も言わなかったが、取締役に謝罪的に微笑んだ。
彼らは、グループの株数で男と同程度ではありませんが、男の前で謙虚になる必要はありません。今、彼らはもっと話をしたいという非常に優秀な前任者を見つけるのがとても難しいです、しかし、彼らは男によって中断されます彼らは何も言うことがありませんが、彼らは男についての不満に満ちています。。
「この場合、商売について話しましょう。元会長の手によるグループの持分は30%で、男自身の手による持分は5%であることを私は覚えています。40パーセント、しかしシェンヤン氏の10パーセントを寄付したのはそれほど前ではないので、今では男の男グループ内でのシェアが35パーセントに達し、議長の計画を知らない。男の手配方法は?」

彼はプロポーズの声を聞いた。

彼は過去数年間、男と戦っていたマネーディレクターと話をしましたが、マネーディレクターは話をしました。マネーディレクターが話し終えた後、彼はまたマネーディレクターに続いて男を見ました。マネーディレクターの言葉は事実を提示しているに過ぎませんが、実際には彼の意図は明白です。それは男が今やグループ全体の最大のシェアを持っていることを説明することです。しかし、今度はあなたの役員の地位を

結婚相手のと見てください。最初に人の配置方法について話しましょう。もちろん、忠崇の取り決めが不合理であるならば、マネーディレクターは確かに彼の不満を再び表明するでしょう!この男は、理事会メンバーがそのような鋭い質問をすることを本当に期待していませんでした!


男が男に自分の株を与えたことを知った後、彼は彼が怒った後に男が陽翔グループに来たいと思ったらどうするかについても考えました!とにかく、彼の議長の立場は絶対にあきらめないことであり、そして彼はまだ太陽の側の10%を持っています、必要ならば、まだ戻って使用することができます!しかし、男が男のグループで果たす役割については、男は実際にはそれについて考えていなかったか、または男が男のグループで重要な位置を占めることさえ考えていませんでした!彼は、男が可能な限り滞在するのを待つことができません。
男はもともと陽翔グループで何をすべきか見当もつかなかったので、男が善であることを確認し、男で男と大翔を回避することを目的としていました。しかし、マネーディレクターはすでにそれを提案しているので、彼はまた男がどのような反応をするのか見たいと思います!
「議長はまだこれについて考えていませんか。これはあってはならないことです。それはあなたの息子でもあります。シェン氏を連れて行ったとき、それはこのような態度ではありませんでした。」

一人でそれを一目で見ることができる彼らは、結婚相手が本当に理解していないとは信じていません!しかし、男が男の態度を明らかに扱うことは非常に不公平です。これは、マネーディレクターが物事をそう直接的に言う、つまり、彼が結婚相手のを強制することを望んでいるということが正確に理解されているという理由です、彼は古く自慢している孫を望んでいません。


花嫁のお元気ですか。 婚約者の愛は怖がっていませんが彼は死を恐れています! 結婚相手はまだわずかに感動します。